本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

株主・投資家情報情報開示方針

情報開示の基本方針

当社は、積水ハウスグループ企業行動指針および企業倫理要項に基づき、株主・投資家をはじめとするあらゆるステークホルダーに対して、経営方針をはじめ財務情報や事業活動状況等の経営情報を積極的かつ公正に開示いたします。
また、当社の経営理念・経営方針を明確に伝え、正しい理解や適切な信頼関係を築くために、ステークホルダーの皆様との直接的なコミュニケーションによって積極的な対話に努め、皆さまからいただくご意見を経営判断の参考としてまいります。

情報開示の基準

当社は、金融商品取引法、その他の法令および当社の有価証券を上場している証券取引所の定める適時開示規則に沿って情報開示を行っています。
また、当社では適時開示規則に基づく開示事項に該当しない情報であっても、投資家の投資判断に影響を与えると思われる決定事項・発生事項および決算に関する情報や、商品・技術・サービス等に関してステークホルダーの皆様にお伝えすることが望ましいと思われる情報については、できるだけ速やかにかつ公正に情報開示を行います。

情報開示の方法

適時開示規則が定める適時開示情報については東京証券取引所の提供する「TDnet」にて開示するとともに、その他の情報も含め、プレスリリースや当社ホームページへの掲載、決算説明会資料等の決算書類への記載など、さまざまな手段を通じ、より多くのステークホルダーの皆様に広く公平な情報開示を行うように努めます。
また、サステナビリティレポート(持続可能性報告書)や株主向けのビジネスレポート(事業報告書)、アニュアルレポート(英文のみ)を定期的に発行し、経営方針や事業の進捗状況をお知らせいたします。

沈黙期間

決算情報の漏えいを防ぎ、公平性を確保するため、原則として各四半期決算発表前約2週間を「沈黙期間」とし、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えることとしています。ただし、沈黙期間であっても公表済の情報に関するお問い合わせ等に関しては対応いたします。