本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

社会性目標と実績

【自己評価の基準について】

○ … 目標を達成 △ … 達成できなかったが目標に近付いた × … 目標に向けた改善ができなかった

住文化向上・教育支援
Plan 2015年度目標 地域に開かれた企業として、自社の施設やノウハウを生かして、住文化の向上に注力する
Do 2015年度の活動内容 「すまい塾」450人受講。「Webすまい塾」申込80件、産学連携と大学間の交流を図る。「住空間ecoデザインコンペティション」は全国37大学から154作品の応募
Check 評価
Action 2016年度目標 地域に開かれた企業として、自社の施設やノウハウを生かして、住文化の向上に注力する
  関連する取り組み
Plan 2015年度目標 体験型学習施設等を利用した教育貢献活動のさらなる充実
Do 2015年度の活動内容 ●学生の見学者数:「納得工房」「住まいの夢工場」「積水ハウス エコ・ファースト パーク」の合計5079人。「新・里山」「希望の壁」で地域の子どもたちを対象に農作業体験を実施。「いえコロジー」セミナー、「Dr.フォレストからの手紙」、「トレジャーハントツアー」などの教育プログラムを継続実施
Check 評価
Action 2016年度目標 体験型学習施設等を利用した教育貢献活動のさらなる充実
  関連する取り組み
地域社会への貢献
Plan 2015年度目標 社会貢献活動の情報発信、共有と内容のさらなる充実
Do 2015年度の活動内容 SELP製品をノベルティーとして2万9595個採用。障害者週間行事を行政、経済団体、NPO、他企業と共催。和歌山県「企業の森」でのボランティア活動を継続実施。ボランティア休職制度をこれまでに7人が利用
Check 評価
Action 2016年度目標 社会貢献活動の情報発信、共有と内容のさらなる充実
  関連する取り組み
Plan 2015年度目標 「積水ハウスマッチングプログラム」第10回は、NPOなど25団体に2278万円を助成。従業員の活動理解と参加を促進
Do 2015年度の活動内容 「こども基金」「環境基金」の第10回は25団体へ2278万円を助成。第11回は141プロジェクトが応募。東日本大震災遺児を経済支援する「もも・かき育英会基金」が1340万円を寄付(5回目)。会員数は316人増加し、3579人となった
Check 評価
Action 2016年度目標 「こども基金」「環境基金」の第11回助成として、26団体に2404万円を助成。従業員の活動理解と参加を促進
  関連する取り組み
Plan 2015年度目標 公益信託「神戸まちづくり六甲アイランド基金」を通じて、神戸市における国際的・文化的コミュニティづくりに資する活動を助成。2015年度は、34件の活動に1959万円を助成予定
Do 2015年度の活動内容 2015年度は34件の活動に1959万円を助成。これまでの助成金額累計は4億2482万円
Check 評価
Action 2016年度目標 2016年度は、31件の活動に1780万円を助成予定
  関連する取り組み

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2016

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • 積水ハウスの公式Facebook
  • チャイルド・ケモ・ハウス
  • 住ムフムラボ
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 積水ハウス50年史