本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

環境

環境マネジメント

「エコ・ファースト推進協議会」の活動への参加

2014年4月から「エコ・ファースト推進協議会」の第3代議長会社となり、環境先進企業をリードしていく立場となりました。環境省や他の「エコ・ファースト企業」と連携し、環境先進企業群の環境保全活動の一層の充実・強化を推進しています。

「エコ・ファースト推進協議会」の第3代議長会社に

環境大臣から環境先進企業として認定されている「エコ・ファースト企業」が、自主的に運営・組織する「エコ・ファースト推進協議会」が2009年12月に設立されました。かねて環境大臣に個別に宣言している「エコ・ファーストの約束」の確実な実践と、先進性・独自性に富む環境保全活動のさらなる充実強化等を「エコ・ファースト企業」が連携して強力に推進していくことが設立の主目的であり、2017年2月1日時点で39社が加盟しています。

2014年4月からは「エコ・ファースト推進協議会」の第3代議長会社(議長:当社会長 和田 勇)となり、環境先進企業をリードしていく立場を務めています。国民の環境意識向上にも寄与すべく、環境省や他の「エコ・ファースト企業」と連携し、協議会活動に取り組んでいます。

写真:通常総会の様子(2016年4月11日)中央は丸川環境大臣(当時)、右隣りが議長(当社会長)

通常総会の様子(2016年4月11日)
中央は丸川環境大臣(当時)、右隣りが議長(当社会長)

第7回「エコとわざ」コンクールを開催

写真:「エコとわざ」積水ハウス賞作品(静岡県の小学校1年 三善 優花さん)「あおいほし くろやはいいろ まぜちゃだめ」

「エコとわざ」積水ハウス賞作品
(静岡県の小学校1年 三善 優花さん)
「あおいほし くろやはいいろ まぜちゃだめ」

「エコ・ファースト推進協議会」は、2015年12月のCOP21で「パリ協定」が採択されたことや、2016年5月にG7伊勢志摩サミットが開催されたことを受け、「美しい地球を未来につなぐために、私たちは何をしたらよいのか」を考える機会を全国の小中学生に提供することで、国民の環境意識の啓発に寄与したいと考え、環境省の後援、全国小中学校環境教育研究会の協力を得て、本コンクールを開催しました(2016年で7回目)。

応募作品953点を審査委員会で厳正に審査した結果、最優秀賞の「環境大臣賞」をはじめ、加盟企業賞の一つとして「積水ハウス賞」を表彰しました。

大学生との対話イベント「サステナブルカフェ」開催

「環境」への関心が高い大学生とエコ・ファースト推進協議会加盟企業の環境担当者が、「2030年の社会のありたい姿」「東京オリンピック・パラリンピックへの提案」をテーマに低炭素社会・3R・自然との共生などの視点から6~7人のグループでラウンドテーブルディスカッションを行い、ディスカッションの内容を発表し合いました。

10月23日(日)「サステナブルカフェin東京」 キリン株式会社 本社会議室

写真:サステナブルカフェin 東京

サステナブルカフェin 東京

写真:ディスカッション内容をシェア(in東京)

ディスカッション内容をシェア(in東京)

12月3日(土)「サステナブルカフェin関西」 おおさかATCグリーンエコプラザ

写真:サステナブルカフェin 関西

サステナブルカフェin 関西

写真:ラウンドテーブルディスカッション(in関西)

ラウンドテーブルディスカッション(in関西)

関西本社のエコ・ファースト企業で「エコ・ファーストin関西」を組織し、活動中

関西に本社を置くエコ・ファースト企業10社(川島織物セルコン、クボタ、三洋商事、滋賀銀行、スーパーホテル、住友ゴム工業、ダイキン工業、ノーリツ、リマテック、積水ハウス)が「エコ・ファーストin関西」を立ち上げ、活動しています。3カ月に一度の情報交換会のほか、琵琶湖の外来魚駆除釣りボランティア活動や大学生との対話イベントを合同で実施するなど、「エコ・ファースト企業」のネットワークを広げながら環境活動や事業活動でのコラボの可能性を探っています。

第4回 琵琶湖の外来魚駆除釣りボランティア活動(9月3日)

琵琶湖では、ヨシ群落の減少や外来魚増殖の影響で、昔から生息していたニゴロブナやホンモロコなどの魚が激減し、貴重で豊かな生態系が乱れています。関西の水源である琵琶湖で起きている問題を一人でも多くの方に理解していただくことを目的に実施。10社の社員とその家族247人(当社から45人)が参加し、567匹の外来魚を釣り上げました。

第1回(2013年9月7日)は197人(当社41人)が参加し、釣果581匹

第2回(2014年9月6日)は241人(当社43人)が参加し、釣果803匹

第3回(2015年9月5日)は239人(当社49人)が参加し、釣果1036匹

写真:第4回 琵琶湖の外来魚駆除釣りボランティア活動 集合写真

第4回 琵琶湖の外来魚駆除釣りボランティア活動 集合写真

写真:10社の社員とその家族247人(当社から45人)が参加

10社の社員とその家族247人(当社から45人)が参加

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2017

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史