本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

社会

社会貢献 | 地域社会への貢献

既存郊外住宅地の持続可能な住環境の実現を目指す取り組み

積水ハウスは、まちびらき後20年超の当社郊外戸建住宅地を主な対象とし、「持続可能なまちづくりの実現」に向けた取り組みを進めています。2016年は「多世代交流の場と機会の創出」、「暮らしを継続できる拠点整備」を見据えた取り組みを継続実施しました。

近年、暮らしの利便性を求めて、都市に移り住む生活者が増加する一方で、かつて都心部の人口増加の受け皿として開発された近郊~郊外の住宅団地では、住民の高齢化、地域コミュニティの希薄化、空き家や空き地の増加などが顕在化し始め、社会問題となっています。当社は、地域コミュニティ活性化と持続可能な住環境の実現に向けた取り組みを各地で進めています。住民の満足度向上と、当社との信頼関係づくりを目指した交流イベントを継続的に開催。住まい、まち、暮らしに関する相談窓口となる拠点の整備も視野に取り組みを進めています。

『コモンシティ星田 まち・ひと・げんき祭』

当社の代表するまちづくり事例である「コモンシティ星田」(大阪府)において、地域コミュニティ活性化イベントとして2015年秋から半年に1回「まち・ひと・げんき祭」を継続的に開催しています(2016年は2回開催)。

写真:第2回 2016/07

第2回 2016/07

写真:第3回 2016/11

第3回 2016/11

第2回イベントでは、暮らしに関するセミナーとして、「ガーデニングセミナー」や「フラワーアレンジ」、収納アドバイザーによる「快適収納セミナー」に加え、参加型のイベントとして「石ころアート教室」や「暮らしのカフェ」を実施。次に行って欲しいイベントの内容や住まいに対するお困りごと等をお話しいただく機会の場ともなっています。さらにアンケートを行い、住まいに対する関心事を調査しました。その結果を、次回のイベントに向けたプログラムづくりに反映させています。(第1~3回:延べ195世帯が来場)。

写真:「ガーデニングセミナー」

写真:「快適収納セミナー」

写真:「フラワーアレンジ」

「ガーデニングセミナー」、「快適収納セミナー」、「フラワーアレンジ」

また、第1回より継続的に「写真展」を同時開催しています。開発当初と現在のまちなみの写真を比較展示したり、住民の皆様から、庭やペット、思い出深い写真を持ち寄っていただき、展示しました。住民の皆様は、緑豊かに経年美化したまちなみを実感され、まちへの愛着が一層高まったようです。

写真:「写真展」

写真:「まちかどカフェ」

「写真展」、「まちかどカフェ」

『コモアしおつ まち・ひと・げんき祭』

「コモアしおつ」(山梨県)では、2016年11月に、まちびらきから25周年を記念した住民の皆様への感謝際として「まち・ひと・げんき祭」を開催しました。「写真展」では、造成時から今に至るさまざまな写真や新聞記事に加え、住民の皆様からも貴重な資料を多くご提供いただき、展示しました。他にもまちびらき当時開催されていた住民主体による音楽祭の上映会を実施し、ご覧になった住民の皆様は当時の様子を懐かしんでおられました。

写真:「写真展」、「音楽祭上映会」(1)

写真:「写真展」、「音楽祭上映会」(2)

写真:「写真展」、「音楽祭上映会」(3)

「写真展」、「音楽祭上映会」

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2017

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史